マスメディアの文章のフリーはどこまで許容なるのか

興味歌舞伎タレントの奥様が乳癌を患っていらっしゃることを公表してから、報知の自粛にあたって再三お願いしているのを見ます。それについて当然賛否両論があるようですし、マスメディアの言い分もあるようです。
けれども命に関わる重病と、アバンチュールだの婚礼だのというスキャンダルはかなり別ヤバイと思います。ただでさえ疾病の辛さや痛みといった闘って掛かるヒトに追い打ちをかけるような取材ケースはどうしても原住民モチベーションとしては、憐れとしか思えません。
フラストレーションは如何なる疾病にも仇と言われていますし、今は検査だけに没頭させてほしいと思ってしまいます。
報知のフリーという字にはどこまでのフリーを表しているのか、規則のあやふやさが出ているなと思います。奥様は同階級ということもあり、おんなじ酷い娘を持つお母さんとしても、他人事とは思えないですし、ハートを思うと辛いです。
疾病は誰のせいでもないですし、スキャンダルはレアケースだ。過度な取材で余計なソフトことを願います。そうして少なく良くなることを祈っている。http://www.siggly.co